Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
Recommend
New Entries
Recent Comment
  • 米政府が「代替え地」を要求するなら、安保の解消を
    池邊幸惠 (06/17)
  • 米政府が「代替え地」を要求するなら、安保の解消を
    (06/16)
  • イスラエルが暴挙 平和の支援者たちの船を攻撃、死傷者多数
    池辺幸恵 (06/16)
  • イスラエルが暴挙 平和の支援者たちの船を攻撃、死傷者多数
    朔 (06/03)
  • 米政府が「代替え地」を要求するなら、安保の解消を
    BB (05/22)
  • 辺野古に日本にアメリカ基地はいらない!
    mai (05/04)
  • ひらめ裁判官による岡山地裁の判決
    なな (04/10)
  • ひらめ裁判官による岡山地裁の判決
    オルグ (04/10)
  • 今いちど 裁判員制度を 検証!
    アカース (02/26)
  • 思考盗聴、聞いたことある?
    yama (02/21)
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
自給率はじつは1%にみたない^^;;
0
    基地よ去れ!と私たちが言う時、考えねばならないのは、
     ★食料と原油のアメリカ依存からの脱却すること。

     それなしに基地反対だけではおかしいです。
     米軍基地・戦争に反対しながら、米国からの原油と食料に依存して生活している・・・
     それでは、基地反対も空理空論でしかなくなるわけです。
     私たちはもっと地に足のついた実際論を考え展開し実践せねばなりません。

     石油=農業であり産業・工業であるからです。
     石油=農薬・化学肥料であり、耕作機械・温室のボイラーですから、

    ですから、日本の自給率が36%だといって嘆いても実際はもっともっとひどいのですよ。だって石油がなければ耕運機もうごかないわけですから。

     キューバみたいに、自然にそくした有機農業あるいは、私が昔ずっとしていたEM農法ですね。
     わたしは化学肥料も石灰も一切つかわず、2反の畑を8年間耕していました。
     よく出来ましたよ、ほうっておいてもよく育つとふしぎがられました。^^

     又、農業論だけでなく

     ★原油に依存しない代換エネルギーの技術開発を第一義してください。

      これも基地反対の運動の中では議論されて来ていないのではないでしょうか。それでは甘いと思います。

     
     これこそが今の日本が世界の中で真っ先に研究開発すべきことだと思います。
      また、かなりの成果をあげつつあるものもありますが、
      もっと根本的、資金的にも創造的な研究助成とベンチャー育成が必要だと思います。


      日本の頭脳と技術力をもってしたらどこにもひけをとらないのに、
      今は優秀な人材は外資系にさらわれてアメリカの軍事の助っ人に使われているのです、悲しい話です。

      代換エネルギー技術開発援助については、日本は先進国の中で一番びりです。
      それは、アメリカの思惑がしっかりとあるとみていいと私は思っています。
      なにしろ、売国奴アメリカンキッズがずっと牛耳っていたわけですから。

      
     ■今後中国と米国は一体化してゆき、米国=中国で、日本を孤立に追い込んでくるでしょう。

     そして、ついには、又、10年ごとの戦争屋であるテロリストアメリカの死の商人たちは、
     それぞれを煽って中国と日本を戦争させようと画策してくるでしょう。それこそ、昔のオレンジ作戦にもなりかねない。
     なにしろ、エネルギーと食料の首根っこをつかまれているわけですから。
     孤立した日本が使う兵器も、中国が使う兵器の半分はアメリカ製ですらね^^。
     米軍が日本に駐留するのも、日本をせっせと軍国化に向けて仮想敵国へとあおるためだと思います。

     ですから、傀儡政権自民党は、まったくアメリカの手先でしかないのです。
     民主党はどうか、という時に、私は保証の限りではありません・・・。。。

     ですから、私たちは、米国から脱却するためのあらゆる方策を練らなければならないのです。
     そして、実際に向きをかえてアメリカに背を向けたところで見えてくる世界と
      新たな親交をむすんでいかねばならないと思われるのです。

     ★あらたにロシア・モンゴル・中央アジア=カザフスタンなどとの同盟関係で資源供給の確保をはかる。
     
      これは、民間レベルで市民や民間のエネルギー企業がいってもいいでしょう。
     それに、これまでのアジア・インド・中国・中東はもちろんですが、
     南米もアフリカもとくにキューバなんかいいですね・・・アメリカのくびきから逃れた時に、
     わたしたちの前には、すばらしい可能性を秘めた広い新しい世界が広がっているのです。

    posted by: peaceyukichan | - | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://peace.yukichan.cc/trackback/786688
    トラックバック