Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Recommend
New Entries
Recent Comment
  • 米政府が「代替え地」を要求するなら、安保の解消を
    池邊幸惠 (06/17)
  • 米政府が「代替え地」を要求するなら、安保の解消を
    (06/16)
  • イスラエルが暴挙 平和の支援者たちの船を攻撃、死傷者多数
    池辺幸恵 (06/16)
  • イスラエルが暴挙 平和の支援者たちの船を攻撃、死傷者多数
    朔 (06/03)
  • 米政府が「代替え地」を要求するなら、安保の解消を
    BB (05/22)
  • 辺野古に日本にアメリカ基地はいらない!
    mai (05/04)
  • ひらめ裁判官による岡山地裁の判決
    なな (04/10)
  • ひらめ裁判官による岡山地裁の判決
    オルグ (04/10)
  • 今いちど 裁判員制度を 検証!
    アカース (02/26)
  • 思考盗聴、聞いたことある?
    yama (02/21)
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
9.11の真相
0
    9.11同時多発テロ WTC生存者ウィリアム・ロドリゲスの証言
     「ノースタワーの爆発音」

     2001年9月11日の同時多発テロで崩壊した、ニューヨークの世界貿易センタービル(WTC)。この建物の最後の生き残りとして知られる人物がこのほど来日し、10日、国会議事堂近くの衆議院第二議員会館で講演を行った。

     日本のNPOグローバル・ピース・キャンペーンの求めに応じ、この日スピーチを行ったのはウィリアム・ロドリゲス氏(写真)。約20年にわたりWTCの清掃人として勤務し、5年前のあの衝撃的なビル倒壊にも遭遇。奇跡的にこの事件から生還したのみならず、逃げ遅れた多くの人命をも救った人物だ。

     当初、ブッシュ大統領をはじめとする政権幹部、各種メディアから国民的英雄として称えられたものの、その後彼らは不自然に距離を置き始めたと語るロドリゲス氏。その理由について氏自身は、「当初から自分がメディアの取材などで語っていた体験談が、政府にとって都合が悪い内容だからだ」という。
     「これまで30社以上の取材に答えたが、ヒスパニック系向けのスペイン語放送局以外は、全て重要な部分をカットした上での報道だった」という、ロドリゲス氏の体験の核心部分とは―――

     「その日(2001年9月11日)の8時46分、私はノースタワー(WTC北棟)の地下にいました。突然、大きな爆発音があり、その瞬間私は地下の発電機が爆発したのかと思いました。私自身が大きな衝撃により、下から天井に向かって押し上げられたからです。あの衝撃は間違いなく、下からのものです」

     「すぐにスプリンクラーが作動し始めました。地下でですよ!そして友人のホンジュラス人フェリペ・ダビが出てきて、『爆発だ!爆発が起こった!』と叫んだのです。彼は全身に火傷を負い、顔は皮膚の欠片がぶら下がっている状態でした。その約6秒後、上の方で『バン!』という大きな音がしました。それが、ボーイング旅客機がノースタワーに激突した音だったんです。飛行機の追突は爆発が起こった後で、その2つはまったく別の出来事でした」

      ((そして、これは池邊が彼から直接に聞いたことですが、
     現場に行った消防士たちは、これなら、十分に火災は鎮火できる、と、消防署に連絡をしていました。 さほどに、ビルの2階ぐらいにわたった、火災は、なにほどもなく消火できるものであったということです。

     又、後で言われるほど、高熱と高温を発して燃え盛っているものなら、その現場すぐの足場から女性が手をふるようなことは、できないはずです。それに、ジェット燃料の融点では、WTCのビルをつくっている何十本もの鋼鉄の柱を溶かせるものではないのです。ここに大変な公の報告書の “だまし“があるのです。))

     
    そして、ノースタワーの地下から14人を救助したところで、いったん地下から脱出したロドリゲス氏。だが、すぐにビルの中に戻ることを決意する。

     「ノースタワーのマスターキーは5つしかなかったのですが、私はそのひとつを持っていました。残りの4つを持っていた人たちは救助の訓練を受けていましたが、彼らはすでに逃げ出しており、階上にいる同僚たちを助けるためには、自分が戻るしかありませんでした」

     「私は消防士とともに、1階ごとにマスターキーを使って(逃げ遅れた人を助けるため)扉を開けながら階段を上っていきました。その間も、次々と爆発音が聞こえました。消防士たちもこの爆音は聞いています」

       ((そして、池邊は彼から直接に聞きました、
    「ドアを一階ごとに開けていきましたが、どうにも、開けるのがいやなのがいくつかありました。 もう、内部で爆発が起きているようなそんな感じがしました。」))

     だが、上まで上りきらないうちにノースタワーは揺れ始め、二人も退却を余儀なくされることに。ビルが完全に崩れ落ちる間際、咄嗟に救急車の下に滑り込んだことでロドリゲス氏らは九死に一生を得たのだという。瓦礫の山から救出されて「君が最後の生存者だ」と言われた時には、すでに最初の爆発から4時間が過ぎていた。

     その後、危険を顧みず多くの人命を助けたロドリゲス氏をメディアは一斉に賞賛。一躍国民的英雄となった彼をブッシュ大統領が放っておくはずも無く、ホワイトハウスへの招待は通算5回にも上った。ヒスパニック系米国人の代表として、共和党からの立候補も提案されて、いろいろ訓練らしきものも受けたという。 だが、そうした期間は長くは続かなかった。

     ((これも池邊が直接きいたところでは、
      彼が自分の体験をありのまま伝えていることに対して、口を閉じるよう圧力がかかりはじめたのです。
      黙っているなら、このまま大変な援助もして、議員になれるようにしてあげようと言われたそうです。
      しかし、ロドリゲスさんは、黙っていることはできませんでした。多くの亡くなった同僚のためにも、残された遺族のためにも、そしてなにより正義のために。))

      そして、生存者の立場から事件の正式な調査を要求したロドリゲス氏らに対し、大統領以下政権幹部は「必要ない。誰がやったかは分かっている」と答えるのみ。

     「彼らは次第に、私の目を見て話さなくなりました」 

     ロドリゲス氏は「あの日何が起きたのか、どうしてもそれだけは知りたい」と望む犠牲者や家族とともに「国際テロ犠牲者家族の会」を結成。メンバーらと粘り強く働きかけ、何とか政府に調査委員会を発足させるところまで漕ぎ着けた。

    だが、報告書に書かれていた内容は家族会をいっそう困惑させることになる。家族会が提示した160もの質問のうち、委員会の報告書は20項目にしか答えていなかったというのだ。そうした調査のもとで出された政府の報告、すなわち「2棟のWTCビルは、衝突した飛行機のジェット燃料による火災で崩れ落ちた」とする結論に対し、ロドリゲス氏らは真っ向から疑いの目を向けている。

     「私は、委員会で証言した最後の一人です。しかしビル内部の爆発について述べた私の証言は、報告書のどこにも触れられていませんでした。さらに、私と同じように爆発を聞いた27人の消防士や、地下で体の33%の部分に火傷を負い、13週間の入院を余儀なくされたフェリペの証言も取り上げられませんでした。その報告書を見た時、私達は初めて『何かがおかしい』ということに気付いたのです」

     ノースタワーで200人の仲間を失ってから今年で5年。最初に疑念を抱いて以来ブッシュ政権の動きに目を光らせ続け、この間、脅迫やPCの盗難などにも遭遇してきたというロドリゲス氏は、もはや次のような発言にも躊躇しない。
     
     「公式発表は嘘です。それを利用して、『対テロ戦争』という政治的アジェンダ(行動計画)を実行に移したのです。私達はあの9.11のテロそのものについての再調査を要求しています。日本の皆さんも(日本)政府にそう要求して欲しい。『対テロ戦争』などという言葉に、決して騙されてはいけません」

     と、ここまでがとあるブログの報告ですが、池邊幸惠の感想を・・

      いま、アメリカでは、9.11が政府の陰謀であるとの街頭キャンペーンもはじまっています。
      9.11テロで起こったことの真実を、アメリカ人もそろそろ気付く潮時です。
      米国と全世界は今、一発触発の核戦争の危機にさらされています。ペルシャ湾には、アメリカの戦艦空母の大艦隊が3つも終結しています。

      このようなことが、先のアテもなくなされるはずがありません。そして、それらの後方支援をひたすらやっているのが、日本の航空自衛隊です。

      アメリカの牙はイラクだけでなく、アフガニスタンそして今は、イランにむけられようとしています。
     
      そして、これらの黒幕は、ロックフェラーとロスチャイルド家のものたちです。彼等こそ本当の犯罪者です。というのは、戦争を起こすことによって、多くのお金を手にすることができる、死の商人たちこそが、この200年間の戦争をひきおこしてきたものたちなのです。

      わたしたち、地球市民は、もうこのような、悪魔の手先たちに牛耳られることはやめにしなければなりません。地球をそこに住むもろもろの生物や植物そして、人類を絶滅に追いやる、そんな野蛮なこととは縁を切りましょう。
      かれら戦争でもうけている悪魔たちの挑発や策略にのせられないよう十分に気をつけながら、ほんとうにわたしたちの未来につながる幸福を願う仲間たちと平和のうちにネットワークして、明るい未来、夢の持てる地球の未来をこどもたちに残してやりたいものです。
    posted by: peaceyukichan | 平和 | 10:39 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2015/08/04 3:31 AM |









    この記事のトラックバックURL
    http://peace.yukichan.cc/trackback/641474
    トラックバック