Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
Recommend
New Entries
Recent Comment
  • 米政府が「代替え地」を要求するなら、安保の解消を
    池邊幸惠 (06/17)
  • 米政府が「代替え地」を要求するなら、安保の解消を
    (06/16)
  • イスラエルが暴挙 平和の支援者たちの船を攻撃、死傷者多数
    池辺幸恵 (06/16)
  • イスラエルが暴挙 平和の支援者たちの船を攻撃、死傷者多数
    朔 (06/03)
  • 米政府が「代替え地」を要求するなら、安保の解消を
    BB (05/22)
  • 辺野古に日本にアメリカ基地はいらない!
    mai (05/04)
  • ひらめ裁判官による岡山地裁の判決
    なな (04/10)
  • ひらめ裁判官による岡山地裁の判決
    オルグ (04/10)
  • 今いちど 裁判員制度を 検証!
    アカース (02/26)
  • 思考盗聴、聞いたことある?
    yama (02/21)
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
浅野選挙はどうだったのか。
0
    池邊@新宿・西宮です。 今、激動の日曜日をすぎて、
    日曜と昨日と、それぞれに西と東の友人たちとこの選挙の反省と
    今後どうすべきかを語り合いました。(PCはほとんど読めないままですが)
    浅野史郎さんという、今、東京を救うにはベストな候補だったのに、
    その良さが都民には伝わらなかった、なぜだろう・・・・・・・・・・・。

    一口で言って、選挙がヘタ!でした。
    どうも、今回の選挙、それぞれが、燃えた!走った!集って思うままに参加してはいましたが、そのまとめ役、つなげて一定の方向性へ向けさせれる人がいなかった。

    候補者一人にわたしたちのそれぞれの思いを託すのが選挙ですから、
    それぞれの勝手連を立ち上げるのはすばらしいことですし、勇気のいることです。それが、40も50もたちあがったのですから、それはすばらしいわたしたち市民のエネルギーがでてきたといえましょう。一つの大きな成果です。
      
       しかし、選挙はやはり戦争ですから、やはり、
    当選という目標にむかって、いろいろと作戦を練り、対処し、当選にむけてベクトルを集約して相乗効果へともっていかねばなりないところでしょう。その勝手連のまとめ役、指南役がうまく機能していなかったようにわたしには思われました。


    本来,3つのエネルギー(浅野事務所・みんなのちから・それぞれの勝手連)が相乗作用を醸し出して大爆発すべきところが、
    あちこちでのろしや火種が有機的に結びついて発展するに至らなかったのは、いかせん時間もなかったからともいえましょう。
      (これは、愛知の時も同様みたいなこともあり・・・)

    なんといっても、投票するのは政治のことは何も知らない一般市民なのに、かれら一般大衆にむかってのアピールがとてもたりなかった。
      石原知事では世界にむけて恥ずかしい知事であること、浅野さんこそが今の東京の暴走をストップできる適格・有能な人であることの宣伝や呼びかけの訴えが十分にできませんでした。
    なにしろメディアは体制翼賛でしかないから、最初から旗色も分も悪かったし。


    やはりいちばん痛かったのは、立候補当日の志位さんのネガティプキャンペーン、
    それによって、共産党とともに活動をすすめていた市民活動家たちをそれで真っ先にひかせてしまい、みなに浅野さんへの間違ったイメージを抱かせてしまった。そして、争点が石原から、仲間同士の争いみたいに向っていった。

    わたしは、東京全戸配布のK党のビラを今でももっていますが、
    これをみて、東京プロ・・さんにK党に公開質問状を出すべきだと言ってたのですが、ただいま専門家に検討してもらっているといわれていましたが、
    結局ああいえば、こういうの対応ができないだろうと及び腰でらしたのが残念でした。
     もちろん、それらの誤解については、多くの方々が共産党をはじめいろいろと伝えていましたが、彼らは一顧だにしませんし、理解しようともしません、まして謝罪もないままにきました。 

    それと敗因を<<勝手連>>のせいにするなんてとんでもないです。みんなせいいっぱい頑張りました。今回の浅野選挙はやはり、わきあがってきた市民の声の勝手連の選挙でした。それはすばらしい成果だったと思います。
    これは、これからつづく選挙のあり方、あたらしい市民にとっての選挙へのかかわり方が髣髴と見えてきたように思われました。

    そこに民主党や社民党も後半にやっとかかわってきたのですが、ちゃんと勝手連として、そろいのハッピでも着てしっかり<<勝手連>>として参加としてほしかったです。あくまで、市民主導の選挙ですから。

     しかし、みなさんに浅野さんの魅力を知っていただくには、時間かせなかった。これは憲法準備改正法案と同様です、みなさん、ただしく知ればこりゃ、あぶない!!!と分かるのですが、
    知らないこと、知らされないことが問題なのです。
    しかし、今の時代知らないこと、自ら知ろうとしないことは<<罪>>ともいえましょう。

    しかしながら、石原三選で、
    これでまた多くの反骨の先生たちのこれからの訴訟による多大なご苦労を思うと、
    羊に飼いならされた物言えぬ先生たちに教わる子どもたちのことを思うと、
    子どもたちにいのちの大切さと自由を伝えたいと思う母親の気持ちが、
    生きる喜びをどんどん奪われ、切られてゆく弱者たちの怨嗟の声が、
    これからどっちへ向かうでしょうか・・・、思い知らされるかたがたもいらっしゃるでしょう、ため息です。

     浅野さんだったら、控訴取り下げ、自由こそ、創造性のみなもとと言ってらっしゃいました。やはり、まっとうな人です。
     わたしは、まだまだあきらめていません・・・。彼なら、石原がお手あげになった時こそが“けん土重来”です!!!

     今朝のニュースでも、学校間格差を広げるに違いない・・、
    学校をますますの競争社会にしてゆこうという方向性の答申を、
    ちょっとみ美人の若い女性を審議委員長みたいにして、
    とくとくとしゃべらせていましたが・・・・、

    あなたは、その結果がどうなるのか分かってるの???
    イギリスで実証済みなんです、
    それで、すっかり失敗し教育の荒廃が起きたからやめようとしているというのに、

    日本はそれをこれからはじめようという、学力テストしかり!
      あなたは何を審議したのでしょうか?
    こんな、強権の強制の教育は、狂育だ〜〜〜!


    ひどい日本会議の連中の石原や安倍を選んでいるわたしたちは、
    こんな政治に対してどうやって責任をとれるのでしょうか。ほんとうに知らないことは罪だとわたしには思われます。


    しかし、わたしたちは、めげてはおれません。
     あらたに、サバイバル政治講座をはじめなくてはと思っています。

    みなさん、日本は西からお天気は変わります。
    わたしたち女性がたしかに目覚めなければ、
    この社会はいつまでたっても、群盲、象をなでるでしかないでしょう。

    さあ、あなたもわたしも、これからのサバイバルにむけて、
    たちあがる時がきました!

    池邊幸惠

    http://yukichan.cc


    posted by: peaceyukichan | 政治 | 00:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://peace.yukichan.cc/trackback/519773
    トラックバック