Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Recommend
New Entries
Recent Comment
  • 米政府が「代替え地」を要求するなら、安保の解消を
    池邊幸惠 (06/17)
  • 米政府が「代替え地」を要求するなら、安保の解消を
    (06/16)
  • イスラエルが暴挙 平和の支援者たちの船を攻撃、死傷者多数
    池辺幸恵 (06/16)
  • イスラエルが暴挙 平和の支援者たちの船を攻撃、死傷者多数
    朔 (06/03)
  • 米政府が「代替え地」を要求するなら、安保の解消を
    BB (05/22)
  • 辺野古に日本にアメリカ基地はいらない!
    mai (05/04)
  • ひらめ裁判官による岡山地裁の判決
    なな (04/10)
  • ひらめ裁判官による岡山地裁の判決
    オルグ (04/10)
  • 今いちど 裁判員制度を 検証!
    アカース (02/26)
  • 思考盗聴、聞いたことある?
    yama (02/21)
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
柳沢女性蔑視発言を許さない!
0
    柳沢厚労相、「女性は産む機械」と暴言、抗議をしましょう(怒)!

    http://fightback.exblog.jp/5378880

    柳沢厚労相「産む役目の人」と訂正
    http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20070128i112.htm

    訂正したからといって許される話ではないです。
    そもそも、あの発言を女性蔑視と思わない思考がおかしいです。

    今、柳沢大臣のこの発言で、日本の政治が、世界中から笑われています。

    ノルウェーの新聞にも大きく載りました!!!

    皮肉たっぷりで、パンチの効いた記事です。
    http://fightback.exblog.jp/5398837/

    柳沢発言は、“反語的美しい日本”のサイコーの海外向けPRになったようですね!

    そして、この発言からみれるように 日本の体質は戦前からなにも変わっていないこ
    とが、みごとに暴露されました。
    これは、平和憲法改悪に向かい戦争に向かっている今のキナ臭い政治と無縁とはいえ
    ないでしょう。国民に生めよふやせよと言った頃と、その意識はなんや変わりないこ
    とが暴露されました。

    みなさん、どんどん抗議メールとFAXを送ってください。

    池邊幸惠
    **************************************************
    >
    > 首相官邸
    > http://www.kantei.go.jp/jp/iken.html
    >
    > 厚生労働省
    > https://www-secure.mhlw.go.jp/getmail/getmail.html

    総務省
    http://www.soumu.go.jp/hyouka/tizu.htm
    >
    > 自民党
    > http://www.jimin.jp/jimin/goiken/index.html

    子どもを持たないからどうこうとは決して言いたくはないのですが、
    我が子のいない首相や少子化対策大臣たちだから、戦争への自滅の道を平気でやすやすと歩めるんじゃないかしらとも言いたくもなるような悲しくも貧しい発想の内閣です。

    子どもたちの明るい未来への思いやりのない、未来への膨大な悪のツケ届けをして平気な非情と傲慢さが、このような貧しい発言の元となっているのでしょう。

    そして、やはり、これは、強者の論理にたっているからと言い直しましょう。

     いわゆる「強者の論理」で生きている人が、
    どうして、雲の上にいて、福祉や子どもたちや弱者の気持ちが分かろうか!分かるはずがないだろう! と、それを言いたかったのです。誤解される言い方をしてしまいました。

    たとえば、女性でも、高市早苗は、沖縄県知事選挙でも、政府側にたって、弱い業者をおどすようなことを平気で宣言しました。
    女性議員といっても、こんな男性側におもねって恥じないピンク議員や、サッチャーのように強者の論理でバッサリ切り捨てれる思考の人たちもいるのです。
    そんなだからこそ、ぬけぬけネオコンの奴隷と女性蔑視の自民党におれるのでしょう。
    (だから、落選運動でネオコン市民派議員候補をしっかりと指摘してみなに知らせていこうと思っています)

     それと、もひとつには「想像力の欠如」でしょうね。
    息子がゲームにこっていた頃、マシンで擬似格闘しているわけですよ。
    「あんたね、自分で実際に格闘してごらんなさい、どんなに痛くて大変だか!」
    というと、ゲソっと、とてもいやそうな顔してましたね。想像がわが身に及んだので
    しょう(笑)

    実際、戦場にたったことのない、わたしたちも想像力があるから、人を殺すというとんでもない理不尽が、戦争において許されていることにとても納得できていませんし、想像もどこまで及べているかというととても自信はないです・・・。
     同様にたとえば空爆がはじまったと聞くと、アフガニスタンやイラクだけでなく、
    わたしたちの頭上に爆弾が落ちてきて、我が家が破壊される、
    それも十分に想像できることですが、平和ボケの多くの人にはそんな創造田にできないのでしょうか。

     あるいは、9.11がここまで解明されていたら、想像力だけにたよらなくても、十分アメリカ政府の陰謀であることは十ニ分に分かることなのに、まだまだ、”とんでも本”扱いどうように、想像のかけらだにできない思考停止の方々もいらっしゃいます。

     ですから、このネオコンの弱者切り捨ての想像力のたりなさすぎの政治によって、

    今このうえに、
    アジアや世界の人たちに向かって誓った、
    二度と戦争はしないという平和憲法が亡くなってしまっては、
    日本は世界の信頼をすっかり失ってしまうでしょう。

    あの日本が今度はアメリカと一緒になって、ふたたび世界を蹂躙するだろうと、
    ますます警戒され軽蔑されるばかりとなりましょう。


    これまでの平和憲法にまもられ、戦争の悪評を払拭しようと経済に交流に培ってきた信頼が、
    小泉以来の一連のアメリカ一辺倒の隷属状態によってすっかり失われてきているのです。

    そのうえ、安倍内閣のねらいは、国民投票法案成立をめざす、
    憲法改悪への道すじですから、これは<<戦前への体制>>の復活宣言です!


    これからの日本が、おおっぴらにアメリカの弾除けと戦費調達の奴隷となって、これからはアメリカの言うなりに、ひたすら戦争向けて搾取されて
    ”反語的美しい日本”へとひた走らされるわけです。

    昔から自民党は醜さを覆い隠すため
    ”大ウソ”のさも美しそうな反語を用いてカムフラージュばかりしてきました。

    もう、国民は、彼等の ウソやごまかしに黙ったままはいません!!!
    このままでは、国民はわが国への誇りをもてるどころか、恥ずかしいば かりです。
    そして、格差拡大により財産だけでなく、いのちさえも危うくなっています。

    わたしたち国民は、今こそ日本をほんとうに戦争のない明るい未来めざして舵をきり
    なおさねばなりません。

    後の後悔、先に立たずです、このままひどい自民党政治を存続させるよ
    うえでは、子孫にもご先祖にもあわす顔がありません!!!

    安倍政権、戦前の亡霊回帰の自民党政権に退陣を要求します!

    池邊幸惠

    posted by: peaceyukichan | - | 10:43 | comments(4) | trackbacks(3) | - | - |
    拍手!
    | Devlin(『虎視牛歩』) | 2007/01/31 12:51 PM |
    ありがとうございます。
    | 池辺ゆきえ | 2007/02/06 8:01 AM |
    初めまして
    御初にお目にかかります
    私は渡部辰巳と申します

    まずは、柳沢伯夫大臣の発言について
    大臣の「働く機械」「産めよ殖やせよ国のため」という発言
    かなり強制的で侮蔑的ですね
    女性の方々や人道的な人々も憤激するのも無理がありません
    結果、侮蔑者・差別者として批判受けたが
    大臣の本心・性格と現在の政治体制を映し出したとは
    言い切れない
    大臣を女性蔑視者であることを絶対の命題とすれば
    結論は早いが
    人間の心理はそう簡単に理解できない
    人は物事の実行・発言をするにあたって
    一つの意思だけではなく、あらゆる感情や思惑がぶつかり合い入り乱れ、さらに自分の周辺状況とその場に於ける
    心理的影響(例:緊張・焦り・反感・混乱)などで
    最終的な結論を出し、実行・発言したりするのだが
    それが無用な混乱や誤解を起こしてしまうこともある
    本心と裏腹の発言を招く可能性もある
    例えば、「帰国子女」という四字熟語は
    「子女」は女性差別用語として様々な団体から抗議され
    「帰国生徒」「帰国生」と改名が進んでいるが
    あれは元々、全然そう言うような意味ではなくて
    帰国→海外からの帰国
    子→男性
    女→女性
    改めて言うと外国から帰国した男性もしくは女性という意味
    それがなぜか、差別用語として取り扱われ改名せざる終えない状況となった
    このように本来とは違う答え・意味を受け取られてしまう
    大臣の発言で
    「女性は産む機械」「産めよ殖やせよ国のため」
    という表現は

    「女性は未来の子を産む使命(絶対的ではないが)を持つ」
    もしくは
    「女性は生まれながらにして、人を産む資格と使命がある」
    もしくは
    「女性しか未来に人を残せない」→「女性は国と民族存続、
    そして未来のための必要な根源・象徴である」
    とか、色々な意味を持つ
    大臣は、進行し歯止めが利かない少子化とそれに対する
    政府の対応の遅さ・危機感の遅さ
    そして、最近の人々が性行為を子を作るためではなく
    快楽に走っている現実・・・・
    少子化を考えるあたり、それを取り巻く様々な事象と
    不安と焦りが影響して
    そのような不適切な発言をしてしまった
    本当のところ、大臣は例え方が不得意というのもありますね
    逆に真剣に考えるあまりに誤解を受ける発言をしてしまった
    と言うのもあるでしょう
    それを感情的・反感的に受けられて、
    その発言に対して抗議し、それを拡大させて
    無駄な混乱を起こし、発言問題に拍車をかけて複雑化し
    その対処に政府が追われ
    少子化対策が遅くなる・・・・・
    だいたい、議会で発言問題に関して議論するほど
    暇はないはずです
    少子化対策は今からでも遅いと言われるほどです
    なんでもかんでも咎めたり、批判するのは
    時には違う問題に発展し、基の議題がうやむやになる事態
    が起きます
    さらに大臣の発言から日本の政治体質は変わらず、
    戦前へ逆戻りしているというのは、
    短絡的だと思います

    本文を引用すると
    息子がゲームにこっていた頃、マシンで擬似格闘しているわけですよ。
    「あんたね、自分で実際に格闘してごらんなさい、どんなに痛くて大変だか!」

    「あんたね、自分で実際に政治をしてごらんななさい、
    どんなに難しくて大変だか!」

    政治、国を治めるほど難しいことはありませんよ
    権力・思想・思惑・欲望・金・名誉・野望・夢・理想が
    政府と政治家達の器の中で掻き乱れてる
    流れを正し、国の害虫を駆除し、意見を取りまとめ採択し、
    国を導くというほどね
    権力による脅迫と威圧に耐えながらやるなら尚更
    小泉政権と安部政権は、駄目だと言う人達は星の数ほどいるが、彼らには国を治めるほどの力量があるかな
    例え、変える意思があっても各党に飲み込まれるか
    押しつぶされだろう
    権力・財力・欲望が直列した者達が国の奥深く潜り込んでるからだ
    それと役人ほど怖いものがない
    まぁ、戦前と違うのは本当のことを言えず、弱腰になった所
    戦前は自国の理想と主張・主権をはっきり発言していた
    しかし、答えを出すのに急ぎすぎて自壊してしまった
    日本を新生化した若さ故かもしれんな
    若者は色々と失敗するでしょう
    それは後々、語るとして後は・・・

    <子どもを持たないからどうこうとは決して言いたくはない<のですが、
    <我が子のいない首相や少子化対策大臣たちだから、戦争へ<の自滅の道を平気でやすやすと歩めるんじゃないかしらと<も言いたくもなるような悲しくも貧しい発想の内閣です。

    なぜ、日本が戦争を起こして自滅するんですか?
    左翼の平和主義が日本の根底に存在しているのに
    そして、日本に戦争を起こすメリットと可能性があるか
    日本の自衛隊に本格的に侵略する攻撃能力はありません
    その予算もありません
    その気概もありません
    アメリカに対する軍事支援は、物資の補給や負傷者の手当て
    などの後方支援だけ
    イラクなどの海外出兵の目的は復興支援が主
    なぜか?
    自衛隊は戦闘能力よりも災害時の救助活動や援助、
    地雷・機雷の排除などの補助能力が各国軍に対して高いから
    大規模な救助・援助活動は日本の自衛隊だけだから
    やすやすと戦争起こせるほど単純じゃない
    逆に敵に攻められて防衛戦闘を開始するにも
    かなり複雑で面倒で時間がかかるほど
    戦争を起こすには長けていない
    現代で戦争を起こすには、国民の同調が必要
    太平洋戦争やイラク戦争でも国民のあらかたの支持が得られて始めてできた
    豊かな発想があっても束縛を受ければどうしようもない

    <子どもたちの明るい未来への思いやりのない、未来への膨<大な悪のツケ届けをして平気な非情と傲慢さが、このよう
    <な貧しい発言の元となっているのでしょう。

    それはあなたの感覚器官で受けた情報を処理して
    自我により導き、構築された偏見です・・とも言える

    <そして、やはり、これは、強者の論理にたっているからと<言い直しましょう。

    <いわゆる「強者の論理」で生きている人が、
    <どうして、雲の上にいて、福祉や子どもたちや弱者の気持<ちが分かろうか!分かるはずがないだろう! と、それを<言いたかったのです。誤解される言い方をしてしまいまし<た。

     そのような考えがある限り、何も変えられず
     人間の軋轢による戦争は続くでしょう
     戦争は人の本能の一つであり、一つの文化である
     正負で世界が成り立つならば
     平和と戦争も同じようなもの
     人間の歴史の定理とも考える
     
     戦争を無くすことはできない
     それが可能になるならとしたら
     人としての「個」の知性やアイデンティティを捨てること
     それは人間ではない
     ならどうするか?
     無闇な戦争・紛争を少なくするか、仲介を通して休戦協定
     国境・領土・領域の完全確定と国の確立

     多分、他にもあるけど一応これだけ
     それには国際連合の成熟が必要です

     それには国民が戦争とその歴史・心理を
     理解する必要があります
     いわゆる軍事学です
     海外では大学の専門分野の一つとして入れています
     教育カルキュラムにも入れてるんだとか
     平和を愛し、実現するには戦争に関する知識も
     重要な鍵になります
     平和だけを見ていては、戦争がなぜ起きるか理解できず
     中傷的な批評しかできません
     それと偏見を持たずに世界や周りを見渡して
     考えてみましょう
     友達と討論するのもいいですが
     自我捨てて、考え耽ることも大事
     自分に執着心があるから見落とす箇所もあるでしょうから

    ではまた、今度に
    ちなみにこれらの考察は無限にある一つの意見に過ぎません
    アシカラズ    
     
    | 渡部辰巳 | 2007/03/18 7:38 PM |
    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2012/01/04 10:15 PM |









    この記事のトラックバックURL
    http://peace.yukichan.cc/trackback/466630
    トラックバック
    2007/01/31 12:52 PM
    柳沢伯夫発言にみる安倍政権の性格 安倍政権の性格を明確・鮮明に浮き彫りしてみせた柳沢伯夫の「女性は子どもを産む機械」発言。これは、政府から見れば人間の個人的営為(個人的な生活の営み)など、しょせんは「機械、装置」に過ぎない、と言ってのけたことになる。
    虎視牛歩
    2007/02/05 6:02 AM
    憲法では、諸外国の国章を侮蔑的に扱うことは禁じている。国際社会で相手に礼を尽くす上で当然だ。しかし、自国の国章をどう扱うかは触れられていない。国家は人のための制度・道具であり、国家のために人がいるのではないから当然だ。人を機械扱いしたりする部品や、そ
    報道基本法制定委員会
    2007/02/06 4:22 AM
    人権意識や歴史認識が歪んでいる事には聞く耳持たずに、仮死状態との診断書をでっち上げて、毒薬作りを公然と指示する。治験もヘッタクレもない。我に間違いはない。善悪・美醜の基準は我にあり。生めよ増やせよ富国強兵、必要なのは従順な愚衆だけ。ほかのは粗悪・欠陥
    報道基本法制定委員会