Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Recommend
New Entries
Recent Comment
  • 米政府が「代替え地」を要求するなら、安保の解消を
    池邊幸惠 (06/17)
  • 米政府が「代替え地」を要求するなら、安保の解消を
    (06/16)
  • イスラエルが暴挙 平和の支援者たちの船を攻撃、死傷者多数
    池辺幸恵 (06/16)
  • イスラエルが暴挙 平和の支援者たちの船を攻撃、死傷者多数
    朔 (06/03)
  • 米政府が「代替え地」を要求するなら、安保の解消を
    BB (05/22)
  • 辺野古に日本にアメリカ基地はいらない!
    mai (05/04)
  • ひらめ裁判官による岡山地裁の判決
    なな (04/10)
  • ひらめ裁判官による岡山地裁の判決
    オルグ (04/10)
  • 今いちど 裁判員制度を 検証!
    アカース (02/26)
  • 思考盗聴、聞いたことある?
    yama (02/21)
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
8月12日 連帯と抗議の国際デー
0
    > attacジャパンの秋本です。
    >
    > イスラエルによるレバノン攻撃をやめさせるために、8月12日に抗議と連帯の行動
    を世界的に起こそうという呼びかけがあります。
    > (以下、日本語訳を添付します。国富さんが訳してくださいました)
    > またこれへの賛同も団体および個人に呼びかけられています。
    >
    > 皆さん、どんどん賛同してください。
    > 以下のサイトから、直接、賛同の画面に入れます。
    > http://annd.org/petit/default.asp
    >
    > -------------------------------------------
    > 8月12日 連帯と抗議の国際デー
    >
    > 即時・無条件の停戦のための国際アピール
    >
    >  今日、7月30日、レバノンでもう一つの虐殺が行われた。
    37人の子どもたちを含む60人以上の市民がカナ村の避難所で寝ている最中にイスラエルの爆撃によって殺されたのだ。
    彼らが亡くなった場所は、1996年4月に国連の派遣部隊が提供した避難所の中でイスラエルの攻撃により焼き殺された106人の市民の遺体が葬ら
    れている墓地からさして遠くないところである。

    >  この恐るべきニュースに対して、ただちになされるべき真剣な決定は、停戦以外にはない。
    >  停戦によって、人道的救援を無実の犠牲者に届けることができ、遺体を犬に食わせるのではなく埋葬することができ、すべての根本的な問題について交渉し、最終的に解決することができる。犠牲者の増加はいっそうの憎悪を生み出すだけだ。

    >  ここ数日、レバノンに対してEU、英国、米国から、インフラを再建し、80万人にものぼる国内難民を助け、「人道的回廊」を作るために、援助を行うという約束がなされていた。しかしその約束は、停戦の要求で立ち止まり状況になった。それはヒズボラを武装解除する決議を一方的に実行に移すというイスラエルの「使命」の継続を助けるものになっている。同一の論理によって、ヒズボラは、イスラエルが被占領パレスチナ地域から撤退しパレスチナ難民の帰還の権利を実行に移すよう求める多くの国連安保理決議を実行させる使命を自分たちは持っている、と主張することができる

    >  7月27日、イスラエルのハイム・ラモン法相は、イスラエルは市民に対して南部レバノンから離れる十分な時間を与えたと語った。BBCによれば、彼は「いま南部レバノンにいるのは、なんらかの形でヒズボラと関連しているテロリストだ」と述べた。この間、同一の戦略がガザ回廊にも適用されており、地域や難民キャンプの住民は家から立ち去るように求められている。これは全住民へのまぎれもない集団的懲罰である。

    >  レバノンでの暴力のエスカレートは、正義を自称するあらゆる勢力によって一方的に解決されることはありえない。平和は敵同士の交渉によるもので、友人同士の交渉によるものではない。そしてあらゆる交渉の最初のステップは停戦である。そうでなければ、すべての子どもたちは、大きくなって「テロリスト」にならないように殺されなければならないということになるのではないか。

    >  1年前、英国の首相は「ジェノサイド、戦争犯罪、民族浄化、人道に対する犯罪から住民を保護する責任」についての国連の権限を含む大義を支持した。しかし国連、欧州連合、米国、英国は、レバノンとパレスチナの子どもたちを守る責任を果たせなかった。最近のイスラエルの犯罪行為をはっきりと非難することさえできなかったのである。

    >  国際市民社会と社会運動は、レバノン民衆との朽ちることなき連帯を表明するためだけではなく、世界を再植民地化するグローバル戦争に対する巨大な国際的阻止線を築き上げるために、声を上げ、全世界で動員を行っている。
    >
    >  われわれは要求する。

    > ●レバノンとパレスチナ被占領地で即時・無条件の停戦を!
    > ●レバノンへの完全な主権と、パレスチナの民族的権利の実行を!
    > ●レバノンへのNATO軍派遣反対!
    >
    >  われわれは8月12日の抗議と連帯の国際デーに、レバノンに国際連帯代表団を送る呼びかけを支持する。
    >
    >  このアピールを個人、あるいは組織として支持し、名前、組織名、国名を添えて
    以下のeメールアドレスに送ってください。
    >
    > 開発のためのアラブNGOネットワーク(ANND)

    > annd@annd.org
    >
    > ミシェル・ワルシャウスキー(イスラエル反戦運動、オルタナティブ情報センター/エルサレム、世界社会フォーラム国際評議会メンバー)

    > mikaic@alt-info.org
    posted by: peaceyukichan | - | 19:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://peace.yukichan.cc/trackback/328112
    トラックバック