Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
Recommend
New Entries
Recent Comment
  • 米政府が「代替え地」を要求するなら、安保の解消を
    池邊幸惠 (06/17)
  • 米政府が「代替え地」を要求するなら、安保の解消を
    (06/16)
  • イスラエルが暴挙 平和の支援者たちの船を攻撃、死傷者多数
    池辺幸恵 (06/16)
  • イスラエルが暴挙 平和の支援者たちの船を攻撃、死傷者多数
    朔 (06/03)
  • 米政府が「代替え地」を要求するなら、安保の解消を
    BB (05/22)
  • 辺野古に日本にアメリカ基地はいらない!
    mai (05/04)
  • ひらめ裁判官による岡山地裁の判決
    なな (04/10)
  • ひらめ裁判官による岡山地裁の判決
    オルグ (04/10)
  • 今いちど 裁判員制度を 検証!
    アカース (02/26)
  • 思考盗聴、聞いたことある?
    yama (02/21)
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
TPP(環太平洋連携協定)不参加を求めます
0
    関西の国会議員全員に送りました。^^

    ===============================================

    国会議員各位様方へ

     わたしは、21世紀からノンポリを返上したピアニストです。
     ただいま、平和のピアニストとして「9条を生かし、原発阻止のための平和コンサート」の活動をしている、兵庫県西宮市の池辺幸恵と申します。( http://yukichan.cc  twitter:  ike_yukichan )

        このたびTPP反対を表明なさっている議員の方々には、心からの声援を送らせていただきます。感謝もうしあげます。
     しかし、TPP推進なさっている議員の方々には、今一度、この日本浮沈の一大事の時に、さらに追い打ちをかけて国民に悲嘆と負担を与えるのですか? わたしたちの怨嗟の声が聞こえませんか? どうぞ、国民の立場にたって、ともに日本の復興のために働いてくださいますよう、今一度考えなおしていただけますよう心からお願いを申しあげます。

    以下は、私が参加する“市民が求め創るマニフェストの会”のTPP反対声明です。

    TPP(環太平洋連携協定)不参加を再度求めます

     2011年11月7日
    内閣総理大臣 野田佳彦 殿
    衆参国会議員 各 位  殿

    TPP(環太平洋連携協定)不参加を再度求めます
                                        市民が求め創るマニフェストの会

     世界はグローバリゼーションの波で格差が拡がり、1%の金持ちと99%の生活して行くのも厳しい層に二分化されつつあり、1980年代には一億総中流を夢見た時代ははるか昔になっています。

     東日本大震災、福島原発の爆発等は日本に大打撃を与え、今は日本中が結束しそこからの復興の道筋をしっかりとつけて行かねばならない時期であります。この期に国の関税自主権を放棄して農業だけでなく国民皆保険の医療にもまた企業特許に関連して訴訟による賠償問題を始めとしてモンサント(遺伝子組み換え企業)など非常に問題の多い企業の圧倒的な参入を許すことになり、日本人全体の健康と日本の将来に関わることになるTPPは大問題であります。

     私たちは既に「TPPは食糧自給率等農業問題だけでなく、低所得者層の増大の他日本の将来を決定する重大問題であり、論議不十分のままで日本の参加に反対する」と述べてきました。周知のとおり、TPPは全ての品目から関税をなくすことが原則であるため、例外品目は認められていません。

    このTPPは国家主権、経済侵略、インフラに関わる問題と考えています。関税自主権の放棄は国家主権の放棄でもあります。


    1) TPPは国内農林水産業に大打撃を与えます。日本とアメリカやオーストラリアは経営規模が異なり、そもそも自由なマーケットで競争させることは不公正です。国内農林水産業は国民の食料供給基地です。食料難による輸入途絶の危険は迫っており、食料自給率を上げることが急務です。

    2) TPPは東日本大震災からの復興を妨げます。外国からの画一化された安価な農産物の大量輸入は、東北の農林水産業等に追い討ちをかけます。

    3) TPPは消費者の権利を侵害します。非関税障壁撤廃の名目で、消費者を保護するための規制が緩和されます。たとえば残留農薬基準や食品添加物基準、遺伝子組み替え作物の表示義務が緩和され、安全・安心な食品を求めにくくなります。

    4) TPPは医療を経済優先主義に変質させます。国民皆保険制度も外国企業参入の障壁として攻撃対象になります。全額自費の自由診療が広がり、民間医療保険に入らなければ満足な医療を受けられなくなります。外資系民間保険会社が潤う構図です。
    TPPは産業政策ではなく、生活の問題として考える必要があります。

    5) TPPに加入すれば輸出が増えると言われていますが、日本は既に海外で現地生産を行っており、輸出の拡大を大きく望めません。現在の不況は円高といわれ、TPP加入はメリットより損失が莫大です(日本は非正規雇用者の増大で低賃金労働者が増え内需が伸びず、それが不況と円高を進めています)。

      環太平洋と言われていますが、中国・インド・フィリッピン・タイ・ロシア・韓国・台湾・カナダ・メキシコ・ブラジル等々の国が参加しておらず、米国が自国の経済破綻対策としてTPPを利用し、日本を巻き込む為の政策(一つの植民地化政策)と考えられます。
     

         ここにTPP(環太平洋連携協定)不参加を再度求めます。                 以 上

    市民が求め創るマニフェストの会 石垣敏夫
    ヘンリー 大津、丸山 南里、原 秀介、景山 恵司、今村 哲男、正清 太一、石橋 行受、大津 けいこ、
    池邊 幸惠、千一 鎌倉、林田力
    posted by: peaceyukichan | - | 07:55 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2011/11/11 12:26 PM |









    この記事のトラックバックURL
    http://peace.yukichan.cc/trackback/1238081
    トラックバック