Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Recommend
New Entries
Recent Comment
  • 米政府が「代替え地」を要求するなら、安保の解消を
    池邊幸惠 (06/17)
  • 米政府が「代替え地」を要求するなら、安保の解消を
    (06/16)
  • イスラエルが暴挙 平和の支援者たちの船を攻撃、死傷者多数
    池辺幸恵 (06/16)
  • イスラエルが暴挙 平和の支援者たちの船を攻撃、死傷者多数
    朔 (06/03)
  • 米政府が「代替え地」を要求するなら、安保の解消を
    BB (05/22)
  • 辺野古に日本にアメリカ基地はいらない!
    mai (05/04)
  • ひらめ裁判官による岡山地裁の判決
    なな (04/10)
  • ひらめ裁判官による岡山地裁の判決
    オルグ (04/10)
  • 今いちど 裁判員制度を 検証!
    アカース (02/26)
  • 思考盗聴、聞いたことある?
    yama (02/21)
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
今いちど 裁判員制度を 検証!
0
    憲法違反の 裁判員制度を裁判する!
    池邊幸惠@西宮 平和のピアニストです。 
      もうはじまったとされる裁判員制度は、まさに憲法違反だらけです。

      わたしたち国民の憲法における義務としては、子どもに教育を受けさせる義務と、納税の義務、
      勤労の権利と義務を負う・・・憲法の義務はこの3つだけです。
      昔はそこに徴兵がありましたが。


      ところが今回の裁判員制度は、裁判員の参加義務があるそうで、
    ★反した場合の実刑・罰金(過料)ありのとんでもない代物です。
    ★わたしたちが人を裁く義務は、憲法にはありません。


    以下への憲法違反にあたります。
      憲法前文  平和的生存権
      第11条・第13条  生命・自由・幸福追求の基本的人権の尊重
      第14条   人種、信条、性別、社会的身分又は門地によって・・・差別されない」
      第18条  何人もいかなる奴隷的拘束も受けない。
           ★★★又、犯罪に因る処罰の場合を除いては、その意に反する苦役に服させられない。
      第19条  思想及び良心の自由はこれを侵してはならない。
      第21条  集会及び結社、言論の自由・・・・表現の自由は、これを保障する。

      どう違反であるかの説明の前に裁判員に多大な影響を与えかねない重大事件への今のマスメディアの報道をみてみましょう。

      たとえば今回、国策捜査で逮捕拘留中の (それも検察の言う罪を認めないと長期拘留されたまま・・・!)小沢さんの秘書の場合、これまでだと注意ですむものを事情聴取もしないで逮捕してしまったという、その検察のあり方の不自然さの追求をしていません。今、何故、どうして、の基本がおさえられていないのです。

      それに、まだ憶測でしかなく裁判にもなっていないのに、犯罪だとばかりに全マスメディアが一体となって小沢さんだけを責めるかの大合唱は一体なんでしょうか。

      まして、これから選挙前だというのに公判をいくつもかかえさせられ、その物理的にも精神的にも又、偏った報道による小沢氏の打撃は大きいのです。それが結局、彼を民主の代表から降ろしてしまいました。なぜ、選挙前の今、このようことをしかけたのかが分かりますね。あまたある権力の暴走と癒着の一つと言えましょう。そして、それにおもねるマスメディアたちの。

      それを言うなら、同じ西松建設から同様に献金を貰っていた二階さんをはじめ、他の自民党の国会議員たちの方は何故逮捕されないのでしょうか?

      それに、昨年度の政治資金収支報告書での、個人献金額で小沢さんは72番目で1.3億円です。麻生さんは4.4億円、もっと多いのが中川秀直氏。又、企業団体献金でも、小沢さんは27番目です。いずれにしろわたしたち市民にとっては、とても受け入れがたい法外な政治献金です。この献金は結局は国民のお金といってよいものなのです。

      つまり、★小沢氏の前の、71人と26人の多額の政治献金のことには、誰もふれません。マスメディアがこれらに触れようとしない、触れれない状況ということは、この国にまともな報道精神が全くないことの現れでしょう。

     しかしながら、政治献金は、“党”が“私”するものではありません。それらは、公共事業などのツケとなって、税金搾取につながっているものですから、★★★政治献金は本来“国庫”に入るべきお金であるといえましょう。

      さて、狂った体制癒着のメディアをいうなら、かつての植草さんの冤罪での重ね重ねの検察と裁判もひどさに加えて、容疑の時から犯罪者そのものの扱いであったマスメディア(新聞・テレビ)の報道。そして今だに理性と判断のかけらもない、過去の反省もなにもない、相変わらずの体制への迎合と不公正な偏向さにはあきれるばかりです。このような偏った情報環境にあって、どうやって、公平公正な裁判員制度が期待できるでしょうか。

    次につづく・・・
        
    | yukichan | - | 11:14 | comments(1) | trackbacks(1) |
    posted by: peaceyukichan | - | 07:12 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    枚方のアカースです。今「もんじゅ」の再開に反対しています。「高速増殖炉もんじゅ」が15年も止まっていたのに再開されようとしています。「もんじゅ」は「プルトニウム製造炉」日本で一番核爆発しやすい構造になっている原発です。先日社民党の服部さんが呼びかけ人になって国会議員の為の講演会も行いました。マスコミからは19名の取材も行われています。
    その時の講師、小林先生に協力を頂いて、もんじゅ再開反対の動画をつくりましたので、見て下さい。
    http://www.youtube.com/watch?v=VJny7xo8Cd4

    小林さんはストップザもんじゅの例会の時に
    次のイベントには「平和のピアニスト池辺さん」をお呼びしたいですね。と提案されていました。

    去年の憲法改悪反対デモの準備会で初めて小林さんにお会いしてから、「もんじゅ」の危険性を訴える毎日です。あのときの弾いて下さった、ゆきちゃんのアリラン、素晴らしかったです。ありがとうございます。
    | アカース | 2010/02/26 10:40 AM |









    この記事のトラックバックURL
    http://peace.yukichan.cc/trackback/1197726
    トラックバック