Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
Recommend
New Entries
Recent Comment
  • 米政府が「代替え地」を要求するなら、安保の解消を
    池邊幸惠 (06/17)
  • 米政府が「代替え地」を要求するなら、安保の解消を
    (06/16)
  • イスラエルが暴挙 平和の支援者たちの船を攻撃、死傷者多数
    池辺幸恵 (06/16)
  • イスラエルが暴挙 平和の支援者たちの船を攻撃、死傷者多数
    朔 (06/03)
  • 米政府が「代替え地」を要求するなら、安保の解消を
    BB (05/22)
  • 辺野古に日本にアメリカ基地はいらない!
    mai (05/04)
  • ひらめ裁判官による岡山地裁の判決
    なな (04/10)
  • ひらめ裁判官による岡山地裁の判決
    オルグ (04/10)
  • 今いちど 裁判員制度を 検証!
    アカース (02/26)
  • 思考盗聴、聞いたことある?
    yama (02/21)
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
11/11 参議院外交防衛委員会を傍聴して・・・
0
    防衛外交委員会を傍聴して      池邊幸惠

    11月11日参議院外交防衛委員会で、更迭され退職扱いとなった田母神元航空幕僚長の参考人招致を傍聴してきました。

     朝10時から午後12時半すぎまで、少し遅れて入ったのですが、
    最初は民主党の浅尾慶一郎議員、とつづいての犬塚直史議員はともに、
    何故懲戒処分にしなかったかを一番に追求してのやりとりでしたが、

    結局、浜田防衛大臣の弁を聞くと、
    懲戒処分の審理をすると田母神氏は受けてたつと言ってるし、
    憲法違反の自説をとうとうと述べるであろう。そうなると審理が紛糾し世論がそれを許すわけがない、
    そうなれば国会における改憲に向かおうとしている闇の勢力のすべてが明らかになるだろう。

    しかし今はまだその時期ではないし、ボロも出てしまうだろうから、
    うやむやのままに早く事をすませてしまおうという本音がみえみえの答弁だった。

    しかしながら野党民主党と公明党の追及の姿勢の甘さは残念に思った。
    正々堂々と平和憲法をかかげて、彼らの職責違反を追求するのでもなく、
    田母神論文の誤謬の一つひとつを厳しく追求するでもないままに、
    田母神氏に「いささかも間違っておりません」と言われてもそのままに赦してしまっているその追求の姿勢の甘さは大変に残念におもわれました。

    民主党にまともな学者はついていないのかしらと、その論文の内容追求のないことにあきれたと同時に、その裏に何があるのか、組織ぐるみの不穏さが感じられました。

    私の思うに、今回一番に問題にすべき論点は田母神氏の論文の内容だと思われたからです。
    このような場でその内容について紛糾するならば、いえば、
    自民・民主は明らかにタカ派とハト派に二分される怖れもでてくるかもしれません。

    しかし、今ここで多母神論文のウソ間違いを確かに指摘できなければ、
    今自衛隊でどのようなことが起こっているのかが、明確にはならないではありませんか。

    どこが間違っているかを正確に指摘して、テレビ中継を見ている国民にその是非をしらせるべきでした。(テレビ中継はなかったと、後で分かりました)

    そうなれば、多母神氏の背景にある改憲の闇の勢力の誤りがはっきりと指摘されるでしょうに。
     歴史を恣意的に改竄する闇の勢力の間違いを糺す必要が、国民の利益を代表する議員たちにはあったはずだと思ったからです!

    しかし、民主党につづく、共産・社民の二人についても、論文の内容についての細かな言及がされなかったのはなぜだろうと、
    つくづくと政界の闇の深さと組織ぐるみのやらせであったのかとの疑いさえでてきます。あるいは議員たちの不勉強かしらとさまざまに懸念されました。

     あのテレビで全国に発する公の場で、田母神論文の誤謬をあきらかにすれば、(テレビ中継がされなかったことも、重大事です!)
    国民も今、みえないところで恐ろしいことがなされてきているのかがはっきりとみえたことでしょうが、そうはさせたくなかったのですね。(だからわざと中継はされなかった)

    それが、多母神氏は、「表現の自由も、言論の自由もあるはずだ」と航空幕僚長としての責務も省みなかったことの反省も全くないままに、それが当然のようにひらきなおって、
     「職責の逸脱はしていない。わたしの書いたものはいささかも間違ってはいない。
    日本を良い国だったと言って解任されるとは遺憾である」と、言い切った時傍聴席はいっせいにどよめきました、ひどい!

    又、「国を守ることについて、これほど意見が割れるものは(憲法改正をして)直したほうがいい」と主張し、憲法敵視の姿勢を示した。
    公務員のそれもトップの憲法敵視の発言だったが、議員の追及のは甘かった・・・。

     犬塚議員は、田母神氏が4年間、統合幕僚学校の校長として「国家観・歴史観」の講義をしていたことへの不安と、
    又今回幕僚監部教育課から民間の懸賞論文募集のFAXが全国の航空部隊に流された逸脱について、
    94人もが論文を出した件のその内容について言及した。

      が、浜田防衛大臣はまだそれらの内容について把握できていないと答弁、具体的な対策も何も出さなかった。
    これはまったく防衛大臣の管理不行き届きの怠慢といえるだろうし、田母神氏の懲戒免職の審問をやめて早期退職扱いとしたことからも、
     事がこれからの国の根幹にかかわるの重大事であるのを隠そうとしているのが如実に分かります。

      公明党の浜田昌良議員は、田母神氏の論文提出の手続きで大臣に問わなかったことのルール違反を指摘したが、

    田母神氏は「職務に関係ない個人として提出したので違反ではない」とウソぶいた。これは今後も文民統制が利かないことを示唆しているでしょう。

    又、その論文にも、また当日アパグループにより、11日の産経新聞に一面全部使って発表された、その論文にもしっかりと肩書きはついており、
     この田母神氏の発言が全くのウソであか、本人のまったくの認識の不足であるかを顕にしている。

    又、「防衛大臣・副大臣は給料の数ヶ月分を返上などすると言っているのだが、
    氏は退職金6000万円の一部でも返還する気はないのか」についても、

    田母神氏は「生活が苦しいので、そのつもりはありません」と答えていた。
    高級取りが何を言うか(笑)と、庶民の生活の苦しさと程遠いところにいてその言い草はないだろうとあきれた。

     また、「文民統制の面でも、立場のあるものとしての見解を公にするにあたっての影響についても節度があるべきだ、
    でないと国民に不安を与えるだろう」については、
    「今朝9時のYahooで『私を支持するか、しないか』『問題があるか、ないか』について、
    58%が支持するだったので、国民に不安を与えてはいないと思う」 と的外れな抗弁をして失笑をかっていた。

      いずれにしろ、このような委員会におけるぬけぬけと人をくう態度の答弁や、
    今回の論文らしきものの歴史認識の偏りや事実誤認など、あまりに稚拙な内容についても、
    これがトップの認識かとあきれられ、事は大問題になり更迭されたというのに、

    いささかの反省の色も見せないその傲慢さには、
    その背景の勢力の大きさと、軍人の思い込みの恐ろしさとが垣間見れました。
    しかし、今回の野党の追及の態度の甘さをみても、これでは、日本の文民統制はダメではないかと大変不安に思われたことです。

     この田母神氏のしてきたことは、まさに憲法を遵守すべき公務員にあらざる態度であり、充分に懲戒免職にあたいするものです。
    そしてこのような者が自衛隊航空幕僚のトップにあって後進の指導にあたっていたことについても、
    それを任命した者も当然同様に重大な責任が問われねばならないでしょう。
    しかし、それらについても双方ともにその追及は甘かった。
     
     昼すぎての、(テレビ中継はあったのかしら?)
    共産党と社民党の井上哲士議員と山内徳信議員らの質問は、彼の思想についての追求がいくぶんはされていた。

     井上議員は、「統合幕僚学校の平成20年のカリキュラムに『大東亜戦争史観』『日本国憲法の本質』『東京裁判史観』などがあるが、これらの講師名が伏せられたままなのはおかしい。それに、こうした呼び名は、侵略戦争を否定する中で使われることが多い。

     たとえば講師陣の一人、大正大学福地惇教授のHPをみれば、侵略戦争でなく、自存自衛の戦争であり、
    それが了解できたなら、現憲法体制は廃絶させねばならないというものだと書いてある。
    このような特異な憲法違反であり、政府の見解に反する歴史観などを
    自衛隊幹部全体にカリキュラムとして教え込んでいいものでしょうか。」と。

     しかし、答える浜田防衛大臣は、
    「この教育の結果・影響がどのように出ているのかがまだ把握していないのでなんともいえない」という危機感もなにもない、煮え切らないものでした。
    これは、まさに日本の戦争の贖罪ともいえる憲法9条を持つ国として、最も大切な平和意識の欠如であり、
     それも、自衛隊のトップがこのような幼稚な歴史観、侵略ではなかったと内部で教育していることへの 
    危機感・危機意識が欠如していたことを、みごとに露呈したといえましょう。
    自民党は議員も内閣も官僚さえグルなんだ、民主党はいかに!?

     最後に沖縄の山内徳信議員は、
    このようなウソでひどい内容はとても論文とよべるしろものではないと言ったのですが、
    細かな内容の指摘ではなかったので、
    田母神氏は「これを選んでくれた審査員がよしとしているから論文として間違いはありません」とぬけぬけとひらきなおっていました。
     又田母神氏は、各所で「わたしの言ってることにいささかの間違いはございません。あの当時、日本だけが悪かったわけではないのに、さも日本だけが悪かったように言われるのはまったくおかしいことです」と開き直った意見で、まったく誰の言うことも聞かない心動かされはしないというふうなふてぶてしい言い草でした。

     又山内議員は自身の沖縄戦による戦争体験を細かに述べ、教科書が改竄されてきた経緯を述べ、
    これらが、5.15、2.26のクーデターとなり問答無用と犬養首相も殺された、
    国中が戦争にむかった戦前の雰囲気とよく似てきていることを述べました。

     そして、「田母神氏は集団的自衛権も行使できない。武器の使用も制限が多い、
    攻撃的兵器の保有も禁止されていることについて強調されているが、氏は
    そこに大いに不満をもっておられるようだが、それについてはそれらがあればよいとお考えかと?」聞いたところ、

     田母神氏の答弁は「はい、わたしはそうすべきだと思っています」と、はっきりと答えた。

     このように更迭もされ問題をおこした参考人としての、
    反省の色も弁もまったくみられないままに、自分はまちがっていないのに、
    辞めさせられるのはおかしいことであるとさらに開き直っている、

    この田母神氏のそのふてぶてしい態度に、今の国会で改憲の闇の勢力がこんなにも力をつけてきており、
    今ふたたび奈落へと滑り落ちようとしている日本の怖さを感じたのは私だけではなかったでしょう。

    まして終わってからの記者会見では、「政府見解!について一言も言えないのでは北朝鮮と同じ」と言って、自分の反体制的な戦争歓迎の思想が政府見解と同様であるかの発言さえしている。

     後で、村山声明が政府見解であると、政府が言い訳の弁をしていたようであるが、このあわてぶりをみても国会も行政も、まさに、今の憲法無視の反体制に染まってきていることをを田母神氏は暴露したといえよう。

     この田母神論文騒動は、まさに政府、国会議員たちの組織ぐるみの犯行であるといっても過言ではないのです
     だのに、それを姑息に隠蔽して、ひそかに反体制へ、改憲へとことをはこぼうとしている様子、

    いざとなれば、クーデターにたちあがる準備を自衛官の洗脳という形でしてきている危機的状況になっていること。

     これは、今回の田母神騒動だけでも、憲法無視・国民軽視であって、国会が解散すべきである非常事態であることを、国民も本来ならばメディアも“その非道ぶり”に気づいて糾弾すべき、まことに内閣総辞職すべき重大事件なのです。

     みなさん、この市区民を無視して、闇にふそうとしている改憲勢力にだまされないで、今回の田母神論文を充分に検証して、今、政治の中枢で何がおこなわれているかをわたしたち国民はしかと知るべきなのです。


     もう、かつてのように だまされてはなりません!

     今こそ、わたしたち平和を愛する国民は、大挙して、ごまめの歯軋りから大きな声へと変貌させ、
     勇気を出して政治に向けて一歩踏み出さねば、この闇の改憲の権力はとても阻止できないでしょう。

     さあ、9条改憲阻止、平和憲法を守るために動き出しましょう、どんどん巷でしゃべりはじめましょう。

      池邊幸惠  http://yukichan.cc

    posted by: peaceyukichan | 教育 | 13:58 | comments(8) | trackbacks(0) | - | - |
    まったくけしからん話ですね。
    特に公明党などは婦人部から突き上げが無いのでしょうか?
    是非、9条を日本だけでは無く世界に広めたいですね。
    そして中国や北朝鮮と言った
    非民主的な国家の軍隊が解散される事を祈念致します。
    | 暴力反対 | 2008/11/15 8:56 AM |
    沢田研二氏の「我が窮状」をどう思っておられますか。
    あんな歌詞の内容でも、「護憲派」の人々の中でも嫌う
    人が居るのは何故だろう、と思います。
    「憲法変更派」は、纏まった動きをしていますが、「護憲
    派」は「烏合の衆」の状態です。
    「護憲派」でも何か、利権を巡る争いでも在るのかな、と
    思います。
    | | 2008/11/16 3:59 AM |
    こんにちは、暴力反対さん 池辺です。

     昨晩は、土井たか子さんとお会いしてたんですよ。
     彼女は1999年のハーグ国際会議に、沖縄の東門さんたちと参加なさってたそうです。

     その会議では、こんごの活動指針として「二十一世紀の平和と正義をもとめる課題(アジェンダ)」を採択し、「公正な世界秩序のための基本十原則」を確認しました。その第一項目が、日本の憲法九条に注目したもので、「各国議会は、日本の憲法九条のように、自国政府が戦争をすることを禁止する決議をすること」としています。

     日本の憲法9条が、世界にしっかりと認められていたのですね。
     でも、冷戦も終わって希望の光がさしてきたのに、
     2001年、ブッシュらの陰謀により、姿の見えないテロを相手に世界をまきこむ戦争があたりまえのようにはじまってしまったわけです。

     世界のほとんどの人たちが、陰謀にたぶらかされてしまったのです。
    | 池邊幸惠 | 2008/11/16 5:03 AM |
    沢田研二氏の「我が窮状」・・・・があるとは、聞いたことがありますが・・・、まだ聞けてないですね。

     ん、こんど 是非きいてみよっと・・・。

    改憲はなにしろお金がふってきてるでしょうから(私たちの税金だ、大泥棒!)それもあるでしょうね。

    弱いものは、ばらばらになる・・・これは自然の法則なんですよ、ある意味しかたのないこととも^^汗汗。
    オバマさんが弱いものをたばねたごとくみえていますが、その背景はちゃんとタカ派のブレジンスキーがパトロンでいますから、このブレジンスキーって何者でしょうね???

     そうそう、昨日友人が、わたしの “ピアノによる平和メッセージ" をYouTube にあげてくれたんですが・・・、
    名前は peaceyukichan です。
    黄色のニコニコマークではじまる映像ですが、捜せますか?
    わたしが捜せなくって(笑) 探し方教わってなくて・・・(笑)
    | ・・・さんへ | 2008/11/16 5:12 AM |
    (もう既に教わっていたら申し訳ありませんが)
    以下にアクセスして、検索に「peaceyukichan」を入力して
    釦を押下して下さい。すぐ出て来ますよ。
    http://jp.youtube.com/

    「我が窮状」も入力すればすぐ出て来ます。まあ、NHKの番組「SONGS」の「違法投稿」なので、薦めて良いのかな・・・。

    2週間前の東京新聞には、2ページを割いて沢田氏のインタビュー記事が組まれ、この曲への思いを述べておられました。彼の口から、「安倍」「福田」が出たのは意外な感も
    しました。
    | | 2008/11/16 12:09 PM |
    池辺さん

    JUMPのMLからこちらに入ってきました。
    TBと共に、これからもお付き合いのほどを。

    次の選挙で、自民党から民主党に代わったらと期待して良いのか、本当に不安です。
    | morichan | 2008/11/18 4:27 PM |
    “わが窮状”聞きましたよ。うれしいですね。
      沢田けんじ、還暦ですか!!!
      しかし、彼がこんな良いメッセージをしてくれて、
      これからも、ミュージシャンが先をあらそって、
     
      反戦歌を あのベトナム反戦の時のアメリカみたいに、

      今、日本ではやっていったらいいですね。^^

     ↓のはアメリカばんざいです。 サントラの項で 歌がきけます。
       わたし、これも、わが窮状も 弾き歌いしよっと♪

    http://www.america-banzai.com/

     ・・・さん ありがとうございました。

    =======================
    ジャンプからいらした もりちゃん・・・いらっしゃいませ、
     <TBと共に>という意味かせ分かりません。
      説明してくださいますか?

      民主党もね・・・恒久派兵だなんていわなければいいのにね。。。。
      ほんとうに・・・次の手をわたしたちで、しっかり考えていきましょう。
    | 池辺幸惠 | 2008/11/18 8:17 PM |
    池辺さん

    池辺さんのブログに私のブログ「関係性」をトラックバック(TB)しましたが、入らないのかもしれません。
    是非、私のブログにもお越しください。
    | morichan | 2008/11/19 4:15 PM |









    この記事のトラックバックURL
    http://peace.yukichan.cc/trackback/1010364
    トラックバック